Picasa道場

Picasaの使い方を初心者向けに解説

Picasaの使い方を学ぼう

Picasa道場とは


Picasa道場ではGoogleが提供している写真管理ソフトの使い方を解説しています。
デジカメで撮影した大量の写真をわかりやすく分別したり、友達と共有したり、
様々な画面で活躍する便利なソフトです。


Picasa道場では初心者向けの基本的な使い方から、上級者向けのマニアックな
テクニックまで幅広く紹介しているので、是非ご活用ください。


Picasaとは


「Picasa(ピカサ)」と言われるデジタル写真管理ソフトウェアを知っていますか。


「Picasa」の元々はIdealabの傘下にあったデジタル写真管理会社のPicasa社が
開発や販売を行っていた社名と同名のソフトウェアでありました。
2004年7月13日に、GoogleがPicasa社を買収を行い、現在はGoogleが無料で公開しています。
2005年9月20日よりPicasa 2の日本語版が公開されました。


当初は、Windows版のみの提供でしたが、2006年5月24日よりWineを利用した
PicasaのLinux版の提供も開始されました。これは、Wineの改修をGoogleが
Code Weaversに依頼して作り上げたもので、インストールの時点で専用のWineが導入され、
これにより、Windows版とほぼ同じ動作を実現しています。
また2009年1月5日よりMac OS X版のβバージョンの提供が開始されています。


「Picasa」をインストールする方法は、「Picasa」をダウンロードし、
ダウンロードしたセットアップファイルをダブルクリックすれば、インストールが始まります
途中ダイアログが出てきたら、説明を読んだ上で「同意する」や「OK」をクリックしてください。
トラブルの可能性はほとんどありませんので、安心してクリックしてください。


プログラムのインストールには、管理者アカウントでログインする必要があります。
管理者アカウントでない場合には、管理者のパスワードが要求されますので、確認して入力してください。